インスタレーション(7) トンネルで黙考する金髪人
2016.12.15
題名:「トンネルにて黙考する金髪人」
---
芸術で生業を立てようとする人々は
まずはトンネルに入ったも同然だ。
いつまでたっても潜ったままに
陽の見られない人生を歩むこととなる。
光といえば、せいぜい蛍光灯の仄明かり。
----
それは人生の終焉まで続くかもしれないのだ。
怖ろしく長いトンネル
金髪人は遂に黙考に入る。






----
トンネルを抜けるとそこは氷の国だった。
インスタレーション(6) 赤いポストに群がる白い手
2016.12.15
題名:「赤いポストに群がる白い手たち」
或る日のこと、私は町を歩いていた。
田舎町とはいえ、小さなビルや近代的な家屋だってある。
ハイブリット自動車だって走っている。
しかし、私は不意に周辺の景色が舞台の暗転のように強引に変わったのを目撃した。
忽ち目前に赤い郵便ポストが現れた。
そして、その背景は昭和の原風景であった。
まさに街角ピンポイント。



-----
眼を凝らすとなにやら白い小動物らしきものがポストに群がっている。
いや、小動物のように見えたのは人の手だった。
赤い郵便ポストに群がる白い手の集団。
-----
夕暮れの小一時間、人らしきは現れなかった。


インスタレーション(5) 手群による埋葬
2016.12.13


インスタレーション(5) 野外自由作品


題名:「栽培原木の手群による埋葬」



葬儀は森の奥でひっそりと行われる。
栽培原木の上に座する手群はそれを見守る。
死んだのは死刑囚。
不良菌糸なのだ。
----
不良菌糸は忌み嫌われ怖れられて抹消される。
不良そのものに深い罪があるからだ。




----
毒蛇は毒蛇として生まれ、忌み嫌われ怖れられるが
毒蛇自体を罪としない。
----
しかし、邪悪は不良菌糸の内にあるとした。
栽培原木の手群は粛々と葬儀を終える。
死刑囚の遺骨の引き取り手はほとんどいないといわれている。


インスタレーション(4) 生と死の並列
2016.12.13


インスタレーション(4) 野外自由作品

題名:「生と死の並列」
若い頃には生きているということは、私自体であった。
死はどこか遠くにあって他人の出来事だと思えた。
それでも、なにかの拍子に死は身近となる。
肉親の死、天災事変、そして絶望からの希死願望もあった。
----
しかし、年を重ねてくると死はどんどん身近となって
ついには生と並列状態となる。
-----
ガン、脳血管、心臓病、不慮の事故、天災事変とすっかり取り囲まれたのだ。
死はいつでも身近にあることが本当になってくる。
-----
インスタレーション(3)
2016.12.13



インスタレーション(3) 野外自由作品
題名:上昇か否かを思考する石垣の手群



上昇志向は人を進歩させてきた。
しかし、上に登れば風は強い。
煽られて落ちてくる軌跡を眺められるあまたの手が
存在することになる。
そのたびに手群は大きく動く。
その指先をかすめて敗れたものは落下する。
ーー
材料 軍手 アクリル着色 石垣は越知町にて発見。

- CafeNote -