第102回 二科展デザイン部出品 作品
2017.09.07
二科展デザイン部 作品

サイズ B1(1030mm×728mm)
画材 ペン・アクリル

形式:ポスター







頭部はアンコウの仲間を擬人化。胴体部はオウムガイ、巻貝や二枚貝、手には毒クラゲを持たせています。誰かに投げつけようとしているかもしれません。或いは投げつけられたのを拾い上げたのでしょうか。

高いプライドは人々を醜くする。ほどほどのプライドは人としての存在意義。持つべきプライドの対象は多岐。人それぞれの個人の問題でしょうね。
2017.09.07 03:52 | 固定リンク | 公募展
第73回 現代美術家協会展について
2017.06.03
5月31日より、東京都の六本木にある「新国立美術館」にて現代美術家協会展(現展)が開催されています。





私の作品は今回は「写真部門」です。
66、67回は「平面部門」として絵画やデザイン作品を出品していましたが、オブジェを演出題材にした写真で応募したしました。

下記の作品です。 題名「廃車」








これはマネキンですが、自作の立体作品を使うことの方が多いです。
こういう立体物を参加させて、次の手順で構成・演出して写真を撮ります。

(1)テーマを考慮

(2)オブジェの選定

(3)撮影場所の選定

(4)意図的に配置をして構図決定

(5)テーマの再考・・・合わない場合

(6)レタッチソフトを使ってPCで編集・加工・・・かなりの加工をする場合も

(7)パネルをデザイン・・・枠や写真の周辺部のデザイン

完成

オブジェの配置や演出は写真としては「モデル写真」や「商品写真」と似通ったものがあります。編集加工は加え過ぎると「グラフィックデザイン」としての傾向が強くなりますね。


2017.06.03 03:28 | 固定リンク | 公募展
第67回 モダンアート展 作品
2017.04.22
東京都立美術館で開催されていたモダンアート展が終了しました。

わざわざの観覧していただいた方には心の底からご感謝を申し上げます。


作品の題名は「家族の危機」です。
部門は絵画。
今回はアクリル画として出品いたしました。(特に絵画としての区別はありません)
タランチュラのクモはオブジェ。





後方から烏賊の化け物が登場して、家族を狙っている様子ですが、私自身、イカは好物ですので敵対する意思はありません。(笑)
 むしろ、歓迎する一族なのですが、象徴的に描くとすればその面相(?)形状からして脅威の水生生物として最適ではないかと思ったのです。

いやいや、「タコ」の方がという意見もおありでしょうが、タコだとちょっとギャグ的になりかねないので、すんなりと「イカ」にしたものですが、ほんの少しだけ、如何なるのもかと思案したものでしたが・・・。

猫は「たあこ」、子供と母親、向かって右側の妖怪(?)は私のシンボライズですが・・・


家族に危機に役に立ちそうもない象徴として描写することは、自省すべきわが人生かなという事でもあるのでしょうね。
2017.04.22 01:54 | 固定リンク | 公募展
第67回モダンアート展 出品
2017.03.29
第67回モダンアート展が開催されます。私は絵画部に洋画を出品しています。
アクリル、油、若干のオブジェを取り付けた50号弱の作品です。







場所は「東京都立美術館」

期間は4月2日から4月16日までです。
2017.03.29 00:07 | 固定リンク | 公募展
第69回 高知県展 写真部&先端美術部
2016.12.13



2015年度 第69回 県展 先端美術部門入選
作品名 「彷徨える手〜混沌とした未来」

混沌とした未来をモチーフとした作品の先端美術として第1作となります。土台は50号キャンバスですが、以後、作品サイズは肥大化?!





2015年度 第69回 県展 写真部門入選
作品名 「チームワーク」

この情景から犬たちが決して大事にされているというイメージはなかったけれど、そこに飼われている犬たちが見知らぬ訪問者に対して一致して吠え続けている姿に感した作品です。
彼達は河原での生活ですので、大雨の後にはちょっと心配になって寄り道しますが、元気な様子でそのときには安心しますね。
2016.12.13 02:25 | 固定リンク | 公募展

- CafeNote -