マネキンのいる風景(5)
2017.01.22
きらびやかな女に惹かれて
男たちが夜の街に出掛ける。
妻たちは子供を抱いて眠りこけ
夫のベッドには冷たい布団がある。

きらびやかな電飾のしたに現れる
憂い顔の女性とくぐるアーチは
束の間の逢瀬、いや、商魂逞しい女たちの希望かも。





なんて、思いながら撮影しました。

腕がないのは「ミロのビーナス」的、美意識?。
スレンダーが極まるとも考え、衣服はアルミホイール。

撮影場所は、「しんじょうくん」の須崎市川端通のイルミネーション。
フォーカスはオートではゆるくなりがちなのでマニュアル。30s開放。
このマネキンも自前で所有。これには映えました。人間のモデルには表現できないアート的表現を体感できますね。
マネキンのいる風景(4) 石灰工場
2017.01.17
題名:「石灰工場」

canon eos6D Pmode
EDIT BY PHOTOSHOP
24-85mm(CANON)
この工場にはよく通っています。
油絵にも、写真にも、もってこいの場、題材です。
ペン画&アクリル、油絵、日本画の三様式で描いている途中ですが
写真にもよく撮りました。






でも、なかなか納得のいく作品が仕上がりません。この場にて満足のゆくものを描く、いい表現するのが目標の一つとなっています。
とりあえず、マネキンさんに登場していただきました。
年間、平均すれば20回以上はここを訪れています。
この辺り、マムシもいるそうで、殺人事件もあった現場まで百メートルほどもありませんから、あまりお勧めのスポットではありません。
私一人だけでこの場を独占したいと思っています。(笑)
インスタレーション(21) 大コスモス畑の金髪人
2017.01.17

「大コスモス畑の金髪人」


高知市高須です。
 
なかなかの大規模なコスモス畑。
管理もたいへんだろうと思う。
こういうのは田舎の市町村であれば、コスモスイベント盛りだくさんでしょうけど。
高知市は淡々としているのだ。

出店も無ければ、アトラクションもない。
花馬車も通っていない。
アナウンスも無ければ、子供の歓声もない。
延々とコスモス、そして人がぽつりぽつり。




この景色、初めて上京したときに高場から眺めた都会の姿だ。
華やかなのに、なぜか寂しい。

でも極めて美しいのは間違いない。
インスタレーション(20) 流木と白い首
2017.01.17
題名:「流木と白い首」


浜辺にて休息する
青い空と白い砂、青い海と白い雲
そして
流木と白い女。
白い首が男をみつめる





「裏切ったのはあなた。」


青い空と青い海、白い雲と白い砂
そして
流木と白い女。
インスタレーション(19) 電車
2017.01.16
私たちはふいに危険と並列状態にいることに気付かされる。
ほんの数十センチの際を人間の肉体など木っ端みじんに砕いてしまうほどの衝撃が通り過ぎる。




おそらく文明が開かれていない頃には、このあたりマムシかイノシシが私たちを脅かしていたのだ。
まあ、鎌か棒っきれでも持っておれば、心強かったろうと思う。







文明とは恐ろしいものなのだ。
いや、人のあくなき欲望が恐ろしい。
車、電車、飛行機、原発、
戦車、ミサイル、核兵器、
人にとって便利であり、そして保護してくれているのだと。

マムシに注意という看板があった。
線路に入らないでという看板もあった。
見上げれば青い空と陽の差す山々が実に美しかった。

- CafeNote -